トリビア トーク一覧

仕事で上手く行かない場合の モチベーション コントロール

モチベーションという観点から、まず自分を無理におめでたくコントロールしようとする必要はないと思います。そうすることで!あなたの現場が好転するならいいのですが、一時的に好転しても!その後上手く行かなかったら、あなた自身のモチベーションアップには繋がらないですからね。『成績を上げることで昇格したり、給料に反映したり、楽なエリアに変わったら再来年巻き返せる』という発言のスポットライトは、お客様と自分とどちらに向いているでしょう?

人を発酵させる!?菌の正体は何だ?

「食物は放置しておくと腐るのだが、特殊な菌と出会うと発酵する。そして一度発酵した食物は二度と腐らない」なるほど、人間にも当てはまるような気がする。ピカピカに輝きながら生まれてきてのに、しかし世の中の悪い菌にやられて、いじけたり、シラケたり、諦めたり、疑ったり、妬んだり、嘘をついたり、そして腐る。

冬の季節を迎えているとしたら、試してみて! 必ず春は来る!

ふと気づけば季節はもう秋・冬に向かっている様な気配。沖縄はそれでも日照時間が長いんですが、最近短くなってきている感じがします。季節の移り変わり、四季の移り変わり。有り難いことに日本という国は、この「四季」を様々な変化と共に楽しめる国ですが。私たちの人生においても「四季」というものがある事をご存じですか?

マイフレンド・ジョン!テクニックって何!?

あなたの周りに、こんな人はいませんか?相手の心を開かず、相手の人がどう思っているのかも引き出さないまま一方的にアドバイスしたり、自分の意見や!営業なら扱っている商品の良さを話してしまう・・・ダイレクトに言うより、「私の友達のジョンがね」と言った方が、他人のエピソードなので聞き入れやすくなるんですね!

合計175歳から仕入れる「生きる知恵」!?

ランチで伺ったカレー屋さん。後から入ってきたのは見た目が華やかなおばあちゃま2人。 隣の席だったので、会話がまるごと聞こえてきてお二人は86歳と89歳と判明! お二人の会話があまりにも楽しくて、愛らしくて、そして人の生きる機微みたいなものを感じる内容でしたので、あなたさんにもシェアしたいと思います。

那覇空港から始まった、整備士が手を振る行為!?

あなたさんは、飛行機に乗るとき通路側の座席を選びますか?それとも窓側を選びますか?乗り降りするには通路側のほうが便利でしょうし、上空からの景色を楽しむには窓側がいいですよね。私はできるだけ窓側を選んでいます。それは、以前航空会社の友人からこんな話を聞いたからです。

好かれる条件は!?上機嫌

人と相対したとき、どんなことがあってもこちらからは心を閉じない。 心を開いて相手に接していれば、相手の心もいつかは開く。 怖いことといっても最悪殴られるくらいだ。 そんなことがあったら「面白いっ」と笑い飛ばせばいい。鶴瓶さんの放った言葉

バレンタインデーは人間関係を深めるには絶好のチャンス!

ハピー!バレンタインデー。世の男性陣はウキウキそわそわ、ガッカリしょぼん。反応は様々ですが・・・ところが、男性陣「いやぁ、義理チョコなんかもらうとお返しが面倒くさいんだよな」なんてシラケてる人はいませんか?また女性側も「義理であげるなんてばかばかしい。無駄なお金は使わない」と冷めてる人は?バレンタインお祭り

温泉旅館「こいと旅館」の与えるという発想

目の前のことを、目の前の人を大切に。そこから開ける人生があります。福島県いわき市にある温泉旅館「こいと旅館」福島の温泉旅館なんですが、今回の地震で被災した地域の旅館です。ここの支配人の方は、“今”できる行動をしていたら、自然に人が集まるようになり、いつの間にか避難所になってしまったそうです。

言葉は、時に刃物にもなる。『最後の言葉』

当時、小学生だった兄弟が喧嘩をして、兄は弟に「死んでしまえ」と言ったそうです。 その後、弟は高校野球を観戦するために大阪行きの飛行機に乗りました。 しかしその飛行機は事故を起こし、弟は還らぬ人となってしまったのです。 ご記憶にある方も多いと思いますが、 1985年8月12日、弟は日航機墜落事故の犠牲者となってしまったのです。この事故を知った時、兄はどんな思いだったでしょう。 「弟にあんな事を言わなければよかった」 そんな思いで、今も悔やんでいるかもしれません。

カリスマセールスマン!アドリブで灰皿を売る。

20年ほど前のセールスセミナーの話しです。 当時は今ほど禁煙を言われていなかったので、その会場も席に灰皿がおいてありました(今では考えられないですね) セミナーが開始するときに突然参加者が 「先生、この灰皿を私に売ってみてくださいませんか?」と質問しました。さあ、あなただったらどうしますか?

「感じ取る」文化!日本人特有の感性

興味深いことが書いてありましたのでご紹介します。 西洋のコーヒーカップやティーカップには「取っ手」がついていますが、 日本の湯のみには取っ手がありませんよね。 それはなぜなのでしょうか? それは・・・!日本人特有の感性 実は日本の湯のみに取っ手がない理由は?実は!

大手メーカーに対抗するには? 付加価値をつける。

こんな実例があります。「スキー板」は、通常割引して販売しているのが常識です。ですから、買うほうもどこが安いかという視点で店選びをしています。スキー板というモノを買うなら1円でも安いほうが良いですからね。モノ以外に価値を創り出せなければ、価格で勝負するしかありません。しかし、新潟県に1円も値引きしないで、常に定価でスキー板を売っている店があります。そこには県外からもわざわざ買いに来る人がいるほどです。

人生迷ったらGO!ひろみGO~

人生は迷ってばかりではないだろうか。迷うことは悪いことではない。 むしろ健全なことだと思う。ただ、私たちは迷ったときに何を選択したらいいのか、そのツボとコツを知らないせいで大概間違った選択をしてしまう。そもそも「迷う」ということは・・・? 大きく分けると2つの選択肢で迷っているそうだ。

ストレスマネージメント。忙しい時ほど!ときには氣を楽に。

年末、年度末に向かうにしたがい、日々忙しさが増してくる。 忙しくなると人は「疲れた」という呪文を唱える。 オフィスで、駅のホームで、家庭で、居酒屋で、いたるところで 「疲れた」「しんどい」「くたびれた」という言葉が氾濫している! 「疲れる」とはいったい何だろうか? 気のせいではないだろうか?

「セールス」とは、物を売ったり、買ったりすることだけではないんです。

それは何故か!? セールスとは、「プレゼンテーション」という特殊なコミュニケーションを指しています。 実は、私たちは日常の中で、常に「プレゼンテーション」というコミュニケーションを使っています。 例えば、 赤ちゃんが泣くのも「お腹が空いた」「おむつを替えて欲しい」などのアピール

スポンサーリンク
スポンサーリンク