新社会人 の 傾向

新社会人 の 傾向
4月は、桜の開花とともに沢山の新社会人が誕生しますね。
初々しいその姿は、まさに桜の花のように、周りの人をフレッシュな気持ちにさせてくれます。
ところで、最近の新社会人の傾向ですが、有名大学を卒業して希望する企業に就職できたにもかかわらず、3年以内に退職してしまう人の割合が25%を越えているそうです。
Image414.jpg
実に4人に一人以上というかなり高い数字に驚きました。その理由は?

退職する理由は?

退職する理由がほぼ共通しており、仕事にやりがいを感じないとか、給料に不満があるとかではなく、
「社内における人間関係のストレス」なのだそうです。
遊びたいさかりの小学生の頃から勉強に励み、おそらく色んなものを犠牲にしながらやっとたどり着いた就職であるのに!
あまりにも悲しい話です。
数学の方程式は解けても、心の方程式は解けません。難しい漢字は書けても、恥はかけません。
いい点数を取る教育は受けてきたけれど、責任の取り方は習っていません。
もしかしたら、これらの教育に必要なのは、国語・算数・理科・社会だけではなく、
コミュニケーションや人間力なのではないでしょうか。
そうでなければ、せっかく咲いた人生の花も桜のように直ぐに散ってしまいます。
コンピューターが社会の中に広がって行く時代だからこそ、頭だけではなく、心を磨き鍛えていく新しい教育が必要だと痛感します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク