コカコーラ オリンピック 歴史

コカコーラ オリンピック 歴史
長い年月を通じて ザ ・コカ・コーラ カンパニーと近代のオリンピック競技大会はともに成長を遂げ、共通する歴史的なきずなで結ばれてきました。
1886年5月8日、アトランタの薬剤師であったジョン・S・ペンバートンは、「コカ・コーラ」の秘密の製法を発明し、6年後、フランスのピエール・ド・クーベルタン男爵から新しいオリンピック競技大会のアイデアが提案されました。
1894年6月23日に国際オリンピック委員会が創設され、1896年には13カ国311人の参加選手による最初の近代オリンピックがギリシャ・アテネで開催されました。このとき米国外では初めて「コカ・コーラ」が販売されました。
Image412.gif

ロンドンオリンピック再開 1948年

Image413.jpg
オリンピックは、1948年のロンドンオリンピックから再開しました。
当社は、長引く戦争の余波でボトリング工程や輸送が思い通りに行かない国内事情を乗り越え、グラスゴー、スコットランド、ベルファースト(北アイルランド)から競技会場があるイングランドまで飲料販売機器を搬送し、選手や観客の喉を潤しました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク