橋本武 さん。「伝説の国語教師」

良い方向に導いたという教師。

「今も心に残る教師はいるか?」

皆さんには、心に残る先生はいらっしゃいますか?

前に、「伝説の国語教師」と呼ばれた橋本武が、101歳でお亡くなりになりました。

amazonリンク

伝説の灘校教師が教える 一生役立つ 学ぶ力

橋本先生は、日本屈指の進学校である灘中・高校で、

1934年から50年間にわたって教壇に立ちました。

国語の教科書を使わず、

中勘助の小説「銀の匙」1冊を3年にかけて読み込むという

独特の授業をすることで知られており、

教え子には、作家の遠藤周作氏などがいらっしゃいます。

WHYをとことん追求する授業。

橋本武 さん。「伝説の国語教師」

■photo by mediaexpression

その授業は、ただ小説を読み進めて出てくる事柄を教えるというものではなく、

「銀の匙研究ノート」と題したプリントに書き込ませながら進めていくのだそうです。

時には横道にそれ、駄菓子屋の話がでてくれば、

実際に駄菓子を配って教室で食べ、凧あげの場面では実際に凧を作ってあげてみたり、

寿司屋が出てくれば、寿司の成り立ちや歴史を調べ、

678もある魚偏の漢字をすべて調べるなど、

楽しみながら学べる工夫がなされていました。
そのため授業は横道にそれてばかり、2週間で1ページしか進まないことも。

しかし、先生の信念は変わりません。

「すぐ役立つことは、すぐに役立たなくなる。
自分で興味をもって調べたことは、一生の財産になる」

と諭したそうです。

灘校の卒業生の話です。

「橋本先生の授業に受験対策は一切ない。
HOW TOではなく、WHYをとことん追求する授業だった。

ひとつの正解を押し付けるのではなく、考える過程を大事にしていたのではないか」

私たちの多くは、この問題集をやりなさいと指示され、

常に正解を求めてきたのではないでしょうか。

その指示通りに勉強し受験をクリアしてきましたが、

考える力はどうでしょうか?

橋本先生は、生徒にWHYの繰り返し反復で考える力を鍛え、

「わかる」「できる」にするための力を生徒に身につけさせていったのでしょう。

WHYを意識することは、私たち大人にとってもとても大事なことですね。

amazonリンク

伝説の灘校国語教師の「学問のすすめ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です