満開の桜と冬の寒さには関係があるそうです

すっかり春めいてきて、桜前線が北上しています。
満開の桜は、日本人なら誰しも心奪われることでしょう。
Image295.jpg
聞いた話ですが、満開の桜と冬の寒さには関係があるそうです。冬の寒さが厳しければ厳しいほど満開の密度が高まり、暖かい冬の年はまばらにしか咲かないそうです。
Image296.jpg
これは人生に置き換えても同じことが言えますね。
プロスポーツ選手にしても、演歌歌手にしても、経営者になる人も、ある時期徹底的に厳しさの中で育った人はその後の人生で、大きな花を咲かせる人が多いのではないでしょうか。
「天才!成功する人々の法則」の著者
マルコム・グラッドウェルによれば、天才と呼ばれる人達にも長い下積みの時間があって、それが共通して1万時間なのだそうです。
1万時間とは、1日3時間として約9年です。
プロゴルファーの石川遼君や世界のイチロー選手もプロになるまでに費やした時間だそうで、また専門的技術を必要とする職人の世界では、一人前になるのに10年かかると聞きますが、なるほど、頷けますね。

世の中は冬の時代

今、世の中は冬の時代です。
時間軸で考えれば・・・、
これは未来に大きな成功をするために必要な厳しさの時期と言えるでしょう。
冬が無ければ、桜も咲かなければ米も実らない。
Image297.jpg
私達もこの厳しさから逃れようとするよりも、厳しさを「面白さ」に変えて、わくわくしながら自分を鍛えていきませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です