「感じ取る」文化!日本人特有の感性

先日読んだ本に、興味深いことが書いてありましたのでご紹介します。

西洋のコーヒーカップやティーカップには「取っ手」がついていますが、

日本の湯のみには取っ手がありませんよね。

それはなぜなのでしょうか?

それは・・・!

Coffee - 無料写真検索fotoq
photo by Moyan_Brenn

日本人特有の感性

実は日本の湯のみに取っ手がない理由は

温度を手に伝え、確認するためなのだそうです。

「感じ取る」文化!日本人特有の感性

photo by modomatic

また、コーヒーや紅茶は熱々で飲むものですが、

日本のお茶はそうではありません。

手に持ってみて熱いと感じたら「まだ、熱くて飲みませんよ」と湯のみが教えてくれます。

また寒いときなどは、湯のみを包むようにして持って飲むと、湯のみから伝わる温かさで身も心も温まりますよね。

つまり日本では、熱いのであればそれを受け止め、「感じ取る」という文化。

逆に西洋では、熱いのであれば、それを避けるために熱さが伝わらないよう工夫する文化

ということなのかもしれません。

この違いは不思議だと思いませんか?

そして、日本人の感性って繊細だと思いませんか?

昔の日本では、涼を取るために行水をしたり打ち水をしたり、また風鈴の音色を聞いたりして涼しさを感じていました。

この「音で涼しさを感じる」という感覚は、外国の方にはわからないそうです。

日本人特有の感性なんですね。

さぁ今年、あなたは何を感じ取りますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です