世界の歌姫 レディー・ガガ(Lady Gaga)

TV主催の東日本大震災被災地支援イベント

「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」が、千葉の幕張メッセで開かれた時。

安室奈美恵やEXILE、AKB48、少女時代といった今をときめく

国内外の豪華アーティストが参加した中、

やはりもっとも観客の度肝を抜いたのは、

世界の歌姫レディー・ガガ」である。

世界の歌姫 レディー・ガガ(Lady Gaga)

photo by TJ Sengel

“クモの巣”をイメージした暗いセットに、

ウィッグ(かつら)や両手が絡まった姿で登場したガガ。

その「動けない状態」のまま1曲目のバラードを熱唱し、

間奏で、クモの巣につながったウィッグや衣装を取り払って「脱出」

ステージを這うように、四つん這いになりながら客席に近づく・・・

こんな演出、見たことがない。

そして、“クモの巣”から解き放たれた2曲目では、

力強いアップテンポのダンスナンバーを、

これでもかというほどエネルギッシュに披露した。

世界の歌姫 レディー・ガガ(Lady Gaga)

photo by Jazmin Million

奇抜なアメリカ人歌手

“クモの巣”につながれた1曲目で「この世の終わり」を感じながらも、

そこから脱出して2曲目で「生まれ変わる」という演出。

その独特の世界観、メッセージ性の高いガガのパフォーマンスには、

観客誰もが驚いたことだろう。

ライブ後のインタビューで彼女はこう語っている。

世界の歌姫 レディー・ガガ(Lady Gaga)

photo by JOnasIsMyMiddleName:)

「私がイメージした物語。自分の髪の毛で作られたクモの巣から動けなくなっても、
情熱があれば、苦境を乗り越えて生まれ変わることができる。
この物語は今の日本にも当てはまると思ったの。
みんなで結束すれば、苦境を乗り越えられるだろうということよ」

また、自身のこれまでの困難にもふれながら、

言葉を選び、丁寧にやさしく、そして力強いエールを送っていた。

会見会場の去り際、

記者の「どうして日本でパフォーマンスしようと思ったのですか?」

との問いかけに、

少し考えて「Why not?(しない理由がある?)」

と答えたガガ。

さすが世界の歌姫、言うことが本当にカッコイイ。

世界の歌姫 レディー・ガガ(Lady Gaga)

photo by qthomasbower

すでに数億の単位で義援金を届けている彼女だが、

確かな歌唱力に加え

こうした人間としての魅力が、

ガガが世界的に愛される理由なのかもしれない。

世界の歌姫 レディー・ガガ(Lady Gaga)

photo by qthomasbower

「奇抜なアメリカ人歌手」

そんな印象は、今回のステージで気持ち良く、見事にひっくり返された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です