ストレスマネージメント。忙しい時ほど!ときには氣を楽に。

年末、年度末に向かうにしたがい、日々忙しさが増してくる。

忙しくなると人は「疲れた」という呪文を唱える。

オフィスで、駅のホームで、家庭で、居酒屋で、いたるところで

「疲れた」「しんどい」「くたびれた」という言葉が氾濫している!

ストレスマネージメント

by:Ranoush.

「疲れる」とはいったい何だろうか?

気のせいではないだろうか?

たとえば同じように激しく運動をしても子どもは疲れない。

犬も疲れない。

でも大人は疲れる。

ベロを出してハアハアしながら、

明かに疲れているように見える犬にボールをおもいきり投げると、

犬は躊躇することなくまた全力で取りに行く。

犬には「疲れる」という概念が無い。

ということは「疲れる」とは気のせいではないだろうか?

私はそう思う。

本当に「氣」のせいだと思う。

だから「氣」に満ち溢れている子どもや動物は疲れないのだ。

どれだけ忙しくとも、大変な場面でも氣が張っているときや

幸せを感じているときは疲れたりしない。

疲れを感じるときは、氣が洩れている信号ではないだろうか?

氣が抜けると魅力もなくなる。体の調子も悪くなる。

不思議だが「病気」という言葉はあるが「病体」という言葉はない。

ならば忙しい時ほど

「やる気」「勇気」「元気」を意識して、氣を吐いてがんばってみよう!

もちろん24時間氣を張り続けるのも不自然だから、

メリハリが大切だ。

ストレスマネージメントをしながら、ときには氣を楽に!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です