マネー・ボール!常識って、時代とともに変わる。

「常識を見直す」

これはスポーツ界でも広まっている。

それは、映画の「マネー・ボール」のモデルにもなった

ビリー・ビーンという名物GM(ゼネラルマネージャー)の存在があるのだ!

マネーボール [DVD]

彼は、極めて科学的なアプローチから球団作りを行った。

監督やスカウトの「長年の勘」ではなく、

確かなデータを基に戦略を組み立てて勝利を引き寄せたのだ。

例えば、メジャーリーグの常識は「勝つためには一流の選手を集める」

そのためには「資金が必要」というものだ。

しかし、彼のオークランド・アスレチックスは、

選手の総年俸がメジャー球団中最下位クラスながら、

毎年のようにプレーオフに進出している。

常識は、時代とともに変わる

戦術としての盗塁やバントは、機動力野球には欠かせない。

しかし、このチームでは禁止されている。

優秀な打者とは、3割・30本・30盗塁する打者ではなく、

出塁率が高く、長打率が高く、三振が少なく、フォアボールを多く貰う打者だ。

ビッチャ-は、球が速いかどうかはまったく問題ではない。

コントロールが良く、フォアボールを出さない投手だ・・・などなど。

今までの野球の常識とはまったく異なる考え方をしている。

そして、実際に成果に結びつけているのだ!

マリナーズ時代にイチローという屈指のバッターがいながら

なぜ!?地区優勝を飾ることができないのか?

その理由がわかるような気がする。

常識って、時代とともに変わるものなのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です