緊張して何を話しいていいのかわからない方へ

まずは、周りの目が気になったり、

緊張する「因果の因」を探ってみてはいかがでしょうか?

周りの目が気になる人の多くは、

「周りの人が私に注目している」「みんな私に期待している」という錯覚があるのです。

それを、「照れを表現へ」

「照れを表現へ」を繰り返し反復すると徐々に解決できます。

もちろん、初めはうまくいかないかもしれませんが、

根気よく取り組み続ければ少しずつできるようになるでしょう。

何を話していいかわからないということですが、安心してください。

ビックリするくらい、多くの人が!

あなたと同じ問題を抱えているのです。

緊張して何を話しいていいのかわからない方へ

by:AndYaDontStop

意識を「話す」から「聞く」に

みんな何を「話して」いいかわからない。

つまり、裏を返すとみんな「話したがって」いる、ということです。

だとすれば、多くのコミュニケーションは

「話したい人」「話したい人」で行われているということです。

これをどう感じますか?

話したい人同士が話し始めると、相手の話を聞くより、話すことに意識がいきませんか?

相手は「話したい」つまり「聞いてもらいたい」と思っているのに。

そこで、あなたに提案がありますが、意識を「話す」から「聞く」にシフトしてみませんか?

あいづちを打ったり、うなづきながら相手の話を聞くのです。

緊張して何を話しいていいのかわからない方へ

by:Lee Pancake

たまに「なるほど~」と承認したり、

「それで?」とか「もう少し詳しく聞かせて」と言えば相手はさらに詳しく話し始めてくれます。

先ほども言ったように、人は自分に一番興味があります。

その興味あることは聞いてもらいたいのです。

そんなとき、あなたが一生懸命聞いてくれたら、相手は、あなたに心を開いてくれます。

これは「欲しがる評価を与える評価へ」

必ずしもよい話し手がよいコミュニケーターとは限りません。

よい聞き手こそがよいコミュニケーターなのです。

何を話していいかわからないからこそ、逆にそれが強みになるのかも知れません。

ご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク