仕事が出来る!ビジネスマンの共通点。

以前、ある方が ヘッドハント の仕事をしていたときのこと。

当時の上司からこう言われたそうです。

「この仕事に慣れてくると、会って5分くらい話せばその人が仕事ができるかどうか、
成功するかどうかがわかるようになるよ」

ということだ。

「本当ですか?どんな風にわかるんですか?」
「まあ、やってみればわかるよ」

そしてヘッドハント候補の各業種の優秀な営業マンに片っ端から会っていくと・・・

面白いようにわかるのだ。
わかるようになったのだ。

その人がどんな生き方をしてきたのか、新しいことにチャレンジしてきたのか、

困難があったときにそれを乗り越えてきたのか、実績を残してきたのか、こなかったのか。

自分の人生のハンドルを自分で握っているのか、他人に握られているのか、

今までの人生の視聴率は何%くらいだったのか、その人の人間力は高いのか低いのか。

経験を重ねるにつれて、魅力的なのかどうかが、手に取るようにわかるようになったのだ。

その中で仕事ができるビジネスマンの「3つの共通点」を挙げてみよう。

仕事が出来る!ビジネスマンの共通点

by Constantine Trupcheff

デキるビジネスマンの共通点

1.礼儀正しさと爽やかさ

まず当たり前のことだが、第一印象がとてもいい。
一目で「この人と仕事をしてみたい」と思わせるスマートさがある。

言葉遣い、笑顔、身のこなし、どれもが爽やかだ。

その反対は、図々しく、清潔感がない。ジメジメしているような人だ。

2.自信と謙虚さ

自分を冷静に見つめる分析力があるのだろうか、
仕事に関するさりげない自信と謙虚さのバランス感覚に優れている。

そして人間的な懐の深さを持ち合わせている。

その反対は、横柄で自信過剰。

自分の自慢話ばかりだったり、相手によって言葉遣いや対応が極端に変わる。
会話をしていて、気遣いを感じない人はだめだ。

3.笑顔と真剣さ

人懐っこい笑顔と時折見せる真剣な表情。
相反するところを持ち合わせている。

顔のつくりは関係ない。
むしろ強面(こわもて)の人ほど笑顔とのギャップに魅力を感じる。

反対に、笑顔だけの人や無表情で、熱量を感じない人には魅力を感じない。

いかがだろうか?

当たり前過ぎてわかっていても、できているとは限らない。

今一度、自分の姿がどう相手に映っているか、

検証してみるのもいいかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク