やさしい解釈力!ペコロスの母に会いに行く

先日紹介してもらった本、久しぶりに本を読んで涙が出た。

実は「本」といってもそのほとんどが4コマ風の「まんが」なのだが、

人として生きることが切なくも嬉しくなる、

そんな一冊なのだ。

タイトルは、ペコロスの母に会いに行く

ペコロスの母に会いに行く

やさしい解釈力 (1)

舞台は長崎。

主人公は認知症を患った89歳の母「みつえさん」

そして、その日常を独特なタッチで描くのが、

漫画家である62歳の息子「ゆういち」、通称「ペコロス」

なぜ「ペコロス(小タマネギ)」なのか?

それは読んでのお楽しみにしていただくとして・・・

やさしい解釈力

こんな一節がある。

文中の長崎弁が、またあたたかい。

<母の目の青い小箱>

緑内障の症状がある母の右目の瞳孔には

青い小箱がある

「おー ゆういちよー
こん中(小箱)には、今まで見てきたもんが全部入っとるよー
だけん もう、何もかんも忘れてしもて良かろー?」

「良かさ!生きてさえおれば、何ば忘れても良かさ!」

やさしい解釈力!ペコロスの母に会いに行く

著者:岡野雄一
価格:1,296円(税込、送料込)

ペコロスの母に会いに行く

おそらく、話してはいないだろう。みつえさんが実際にこう作者に話したかどうかはわからない。

ただ、それまでの母の生き方や人柄から、そう言っているように感じたのではないだろうか。

記憶を失っていくことは、本人にとっても家族にとっても辛いこと。

自分の名前を叔父にされたり祖父にされたりしながらも、

それを、悲観するのではなく「何ば忘れても良かさ!」と作者は言う。

これほどやさしい解釈があるだろうか?

そんな中でも、一筋のひかりのようなやさしい解釈が、

厳しい状況を生きる上での心の支えとなるのではないだろうか。

解釈は、相手のためでもあり、自分のためでもあるのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク