アートコンストラクターとは?「見る」時代から「創造」していく時代へ!

こんにちは。

美術館などが自治体の財政難の影響で運営に行き詰まっており、

アート支援の形が変わりつつあるという記事を目にした。

たとえば、市民やアーティスト自らが、街なかで都市に関わるアートプログラムなどを企画し、事業の推進などをしていくものだ。

その中の「アートコンストラクター講習」で仕事そのものに触れることができる。

講習会には、経験者はもちろん、少しでも関わってみたいと思う一般市民も参加できるのだという!

市民にも、身近にアートに触れる機会が着実に増えているのだ。

記事の見出しには『「見る」から共に創造へ』とあったが、美術館に行った人が、

ただ作品を“見る”時代から共に芸術を“創造”していく時代に変化をしているということなのだろう。

アートコンストラクターとは?

by Ben124.

社会的なコミュニケーションの変化

こういった社会的なコミュニケーションの変化を感じさせるニュースは増えてきている。

そんな視点が個人から地域へ、そして社会へと影響を与えるものになるはずである。

日々、人とのコミュニケーション深く意識して、

今回のように新たな関係性を生み出す架け橋になっても不思議ではない。

アートコンストラクターとは?

by wongwt

【アートコンストラクターとは・・・】
豊富な土木・建築技術や臨機応変な場を読む力を発揮し、美術制作をする作家のサポートをするという技術職

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク