知識 と 能力 は似ているようで実はまったく異なる?

知識と能力は似ているようで実はまったく異なるものです。

どちらが重要かはその目的によって変ってくるのです。

例えば「英語」というジャンルで考えてみましょう。

明日!あなたが英語の試験があるとします。

あなたにとって重要なのは英語の知識(知っていること)でしょうか?

それとも能力(できること)でしょうか?

知識 と 能力 は似ているようで実はまったく異なる?

by O.S. Fisher

知識ですよね。

英語の能力(話せる)があったとしても

知識がなければ英語の試験でよい点数は取れません。

それが証拠に、

私たち日本人はほぼ100%日本語の能力(話せる)がありますが、

国語の試験で必ずしも全員が100点を取れるとは限りません。

では、もし!あなたがアメリカ人と英語で会話をするとしたら、

英語の知識と能力のどちらが重要でしょうか?

もちろん能力ですね。

私たちは英語の試験の点数がよい生徒が必ずしも

外人と話せるわけではないということを知っています。

どちらがいいとか悪いではなく

目的に応じて知識と能力とどちらが重要かが違うということです。

現場で成果を上げるためには

では、今!

あなたにとって現場で成果を上げるためには、

知識と能力とどちらが重要ですか?

もちろん能力ですよね。

知識 と 能力 は似ているようで実はまったく異なる?

by seanmcgrath

知識を身につけるためには理解すればいいのです。

しかし、能力にするためには繰り返し反復が必要です。

あなたにとって必要な能力を繰り返し反復し、

実践でも繰り返し反復して能力に変えてください。

知識を能力にするためには少し時間がかかります。

腕立て伏せ100回やる方法(知識)は本を読めばすぐに理解できますが、

実際にやるためには数週間あるいは数ヶ月掛かる場合があります。

すると途中で諦めたり、挫折したりする可能性ができてしまうのです。

毎日少しずつでも繰り返し反復すればいいと「知って」はいても

「できて」いるとは限らないのです。

より確実に能力を身につけるための「繰り返し反復力」を身につける。

どんなことでも能力に変えられるとしたら!

あなたはどんな能力を身につけますか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です