高校野球児から学ぶ!充実した生き方ができる役立つアイディア

全国高校野球選手権大会。

高校球児たちの熱戦はいつも私達の胸を打ちますよね。

テレビのダイジェスト版を見てジーンとしたり、

思わずもらい泣きをするのは私だけではないでしょう。

高校野球児から学ぶ

by Kentaro IEMOTO@Tokyo

高校野球児から学ぶ

by alexxis

私の子どもの頃の甲子園のヒーローは、

東海大相模の原辰徳(読売巨人軍監督)でした。

1年生で3番サード。丹精なマスクにシュアーなバッティング。

かっこよすぎました。

クラスの女の子のほとんどがファンでしたから。

なぜ高校野球が多くの人の心をつかむのでしょう?

きっとそれは3年間という時間が限られているから・・・。

この3年に青春のすべてを野球に注いでいるからでしょう。

高校野球児から学ぶ

by alexxis

高校野球児から学ぶ

by alexxis

期限というのは、私たちのモチベーションにスイッチを入れます。

制限時間のある競技では終了間際に劇的なプレーが生まれます。

もし、3年間という期限がなかったらどうでしょう?

あれほどまでに頑張るのでしょうか?

試合に負けて号泣するのでしょうか?

高校野球と同じくらい私が感動するが“セミ”です。

6~7年の間、土の中で過ごし、地上に出てきたセミのオスは、

ここぞとばかりに大声で愛の歌をうたって、メスに呼びかける。

そしてメスと出会い交尾するとオスは力尽きて死ぬ。

メスも卵を木に産みつけると力尽きる。わずか2週間の命・・・。

期限が決まっているからこそ懸命に、充実した生き方ができるのではないでしょうか。

これは私たちのビジネスや実生活にも役立つアイディアです。

「終わる時間を決める」をしてみてください。

そして“高校球児”や“セミ”に負けないように成果を出していきましょう。

えっ?なぜって?

それは盛夏(=成果)だからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク