言葉にも霊が宿ると信じられている『言霊』普段使う言葉を大切に。

私は、普段使う言葉にはかなり神経を使っています。

言霊」があると信じているからでしょうか。

これは日本独特のものかもしれませんね。

八百よろずの神がいる日本において、言葉にも霊が宿ると信じられているのです。

言霊

by nathanael89

これはあまりに身近すぎて習慣になっているので案外、

意識しなければ気づかないのかもしれませんね。

最も一般的なのは、結婚式での忌み言葉、

「切れる」「別れる」「離れる」「終わる」は使いませんよね。

これらの言葉を避け、司会者は「ウェディングケーキ入刀!」「お開きにさせていただきます」などと言いますよね。

喜多方ラーメンで有名な福島県喜多方市。

ここは昔、「北方」と呼ばれていたそうです。

ところが、「北」は、漢字が背中合わせになっているのと、

「敗北」につながり縁起が悪いということで、

「喜多方」に変えたのだそうです。

言葉が変われば、コミュニケーション環境が変わる。

東京都葛飾区の「亀有」も以前は、「亀梨」、「亀無」と呼ばれていたのですが

長寿シンボルの亀がいないよりは、いた方がいいということで、今の地名になりました。

その昔、映画のことを「シネマ」と言っていましたが

「死ね」を連想するために「キネマ」といういい方が主流になりました。

また「スルメ」は「掏る(スル)」を連想させてしまうので、

縁起のいい言葉「あたりめ」と呼ばれるようにもなりました。

これらすべて、言霊を意識しているから新しくできた名前なのでしょう。

プロの演奏家が自分の楽器の音色に「研ぎ澄まされて」いるように、

私たちも自分の使う言葉には気を使いたいものですよね。

しかし、私たちの周りでは、こんな言葉を使っている人がいませんか?

ムカつく。ちぇっ!参ったなあ、疲れた、やってられない。最悪・・・。

そんな人が回りにいたら、「言霊」を話をしてみてはいかがでしょうか。

もし、私たちが使う日常の言葉が変われば、

もっとコミュニケーション環境が向上するかもしれません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク