2010年の新入社員はETC型!

毎年、財団法人の社会経済生産性本部が、

その年の新卒の新入社員の特徴時流の商品にたとえたニックネームで表しています。

今年の新入社員は「ETC型」なのだそうです。

その意味は?

「性急に関係を築こうとすると直前まで心の「バー」が開かないので、スピードの出し過ぎにご用心。IT活用には長けているが、人との直接的な対話がなくなるのが心配」

だそうです。

新入社員はETC型

by tsuda

一概にすべてを型にはめるのは無理もありますが、うなずける部分もあるでしょう。

ちなみに私の年は、テレフォンカード型。

「一定方向に入れないと作動しないし、仕事が終わるとうるさい」でした。

新入社員はETC型

by くーさん

またこんなデータもあります。

文部科学省の統計によると、平成11年以降、同期に入社した新入社員の

3人のうち1人は、3年以内に会社を辞めているのです!

3年以内に会社を辞めている理由?

その理由のほとんどが「人間関係による問題」です。

つまり共通して言えることは、近年のめざましいITの発展の裏で、

コミュニケーション能力の低下による弊害が

深刻化しているということです。

新入社員はETC型

by misawakatsutoshi

社内ですぐそばにいるのにパソコンでしか会話をしなかったり、

飲み会の席でもずっとメールをしていたりという光景は珍しくありません。

最近「3DTV」の普及を世界規模で仕掛けていますが、

近い将来、家庭の食卓で家族全員が3Dのメガネをかけながら

黙々と食事をしている風景を想像するとぞっとします。

進化したり便利になることは素晴らしいことですが、

その一方で何が犠牲になり、何が失われていくのかを考えなければ、

そのつけは必ず次の世代にやって来るのです。

時には苦手な相手ととことん話し合ったり、

価値観の違う人とじっくり飲んでみたりしてみませんか?

コミュニケーション能力とは「相手を解ろうとする力」なのですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です