成果の上がる!目標設定のツボとコツ。

最初のうちは、自己流で身についてしまった

今までの目標設定の方法やパターンなどが癖として出てきてしまうかもしれませんが・・・、

まずはその自己流をいったん手放して、

丸太、ボート、陸地、村、都市といった「マズローの欲求の5段階」を応用した

目標(ストーリー)設定の感覚を身につけていきましょう。

『あなたの想像した範囲が、あなたの可能性の範囲になります』

成果の上がる目標設定

by www.geteverwise.com
by:jrdn7730

1.丸太目標(生存)

マズローの欲求の5段階でいう「生存の欲求」のレベルですね。

ここは、無駄や贅沢を省いた「毎月かかる最低限必要な金額」を

なるべく具体的に算出してください。

今の自分を正く見積もることが、目標設定の第一歩です。

2.ボート目標(安全・安定)

「余裕」はないものの、「安心」して生活できる金額です。

3.陸地目標(社会的)

陸地目標になると、今までより金額が大きく変わるでしょう。

4.村目標(自己・自我)

今までにあなたが得た最高額を上回ってください。

5.都市目標(貢献・自己実現)

いよいよ「リーダーとしての」目標です。

リーダーのミッションとは何でしょう?それを明確にするために、

まずは、あなたが描くリーダーシップ像を書きだしていきましょう。

コツは1にも2にも「照れないこと」です!

目標から目標設定へ

期限をつけることで、目標を目標設定へと成長させます。

どんな目標でも、掲げただけでは叶いません。

期限を設けることによってはじめてその目標はストーリー化され、

具体的に必要な行動、アクションが見えてくるのです。

今月の目標を設定する。

1~5をもとに、実際に今月、あるいは今週や今年の目標を

それぞれのレベルで立ててみましょう。

考えられるマイナスな傾向とその対策

最後に、事前に考えられるマイナス要因を洗い出し、

「対策を立てておく」ことで、目標に向かうための「準備」を整えておきましょう。

不意打ちのマイナスな出来事は辛いものですが、

あらかじめ想定しておくことで、その出来事にも引きずられずに済みます。

現場で大切なのはコンディションです。

怖いのは、マイナスな出来事よりも、それによってコンディションを崩し、

次の行動が鈍ることなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク