コミュニケーションの目的とは?常識とは?何?

コミュニケーションの目的

(1)成功と幸福について
「手に入れること」「分かち合うこと」「幸せのため」ですね。

(2)分かち合う・・・をイメージする
二人が「分かち合い」について、お互いの意見や、価値観を分かち合っているとういうこと。

(3)価値観が違う場合
「価値観が違う場合どうしたらいいか・・・というより、むしろ人は価値観が違うからこそコミュニケーションが必要なのです。」

と!言うように、モノがなかった昔(二十世紀)は

「テレビが欲しい、冷蔵庫が欲しい、洗濯機が欲しい」

とお互いの価値観が同じだったから、

コミュニケーション技術はそれほど重要視されなかった。

時代が変った今だからこそ、コミュニケーションがより重要になってきたのですね。

(4)お互いの成果に向かうには

お互いの成果に向かうためには3つの方法がありますが、

いずれも「解釈」を変えるということですね。

3つの方法に優劣はありませんが、解釈を変えて

センターサークルで新しいアイディアを生み出すのは最近流行の

「脳科学」的にも有効なんだそうです。

センターサークルの概念を身につけることで、

お互いの幸福だけではなく脳にもいい影響を与えるのだとしたら!

これは身につけるしかありませんね!

センターサークルとは?

文字通り「中央に描かれた円」の事です。

コミュニケーションにおけるセンターサークルとは、自分の価値観やこだわりを一度手放し、

先入観を持たずに自然体でお互いに向き合う場所のことを指します。

コミュニケーションの目的

by katerha

常識を見直す

この「常識を見直す」には正解はありません。

なぜなら、

今の時点で正しそうに見えても、将来的にはその常識すら変わることもあり得ますし!

シチュエーションによっては、現在でも通用するもの、しないものもあるからです。

『高校ぐらいは卒業しないと社会では通用しない』

一般的には「過去に通用し現在は機能しないもの」に入りそうですが、

相撲部屋などでは昔から中卒で入門する人が多いため(貴乃花もそうです)

過去も現在も通用していません。

『練習中(スポーツ)は、水を飲むな』

これも「過去に通用し現在は機能しないもの」に入ります。

昔は水を飲まないことが当たり前でしたが、

現在では練習中にもこまめに水分補給が必要とされています。

しかし、

ボクシングなどの「減量中」という限られたケースでは、この常識は今でも通用します。

2つとも特殊な例かもしれませんが、

私たちの常識も地域や業界、場面によっては非常識になることもあるのです。

だからこそ「正解」ではなく、「傾向」を見た方が柔軟性があって、

様々な場面に適応しやすいのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です