習慣を変えるには?習慣の大切さを腑に落とす。

こんにちは。

『知る、わかる』『できる、やっている』にすること。

つまり、一言でいうと、習慣を変えることです。

成功する人は成功する習慣を持っています。

成功しない人は成功しない習慣を持っています。

以前、【三大成人病】と呼ばれていた、ガン、心筋梗塞、脳卒中は、

少し前より【生活習慣病】と名前を変えました。

いきなり病気になることはありません。

多くの場合睡眠不足、栄養不足、運動不足などの習慣に因果の因があり、

ジワジワと悪くなっていくのです。

また、その反対もあります。

毎日1万歩、歩くことを習慣にしている人は

生活習慣病になる確率が明らかに低いそうです。

良くなることも悪くなることも習慣が決め手だったのです。

では、もしセールスやコミュニケーション、

人間力を上げることを習慣にしたとしたら!?

習慣の大切さを腑に落とす

by misawakatsutoshi

習慣の大切さを腑に落とす名言集!

今回は、この習慣の大切さを腑に落とすための名言集を集めてみました。

何かのヒントになれば幸いです。

「心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる。」
(ヒンズー教の経典)

「どんなに気持ちが揺れていても、いつも通りの作業をすることで、自然にバッティングの気持ちに切り替えることができるんです。僕にとっては、いつも通りにすることが、プレッシャーに対処するための 唯一の方法ですね」
(シアトル・マリナーズ イチロー)

「はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る」(ドライデン)

「よい習慣を身につければ、人格も立派にみがき上げられる」(サミュエル・スマイルズ)

「他人と比較してものを考える習慣は、致命的な習慣である」(バートランド・ラッセル)

「毎日少しずつ、それがなかなかできねんだなあ」(相田みつを)

「人は習慣を好む、なぜなら、それを作ったのは自分だから」(ジョージ・バーナード・ショー)

習慣の大切さを腑に落とす

by:Robert Scoble

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です