日本語は難しい!『美しい日本語が話せるように』

最近つくづく思うことがあります。

それは『日本語は難しい!』ということです。

尊敬語や謙譲語を使いながらの会話や、

時候を入れた手紙、日常業務の書類など、日本語の約束事を挙げたらきりがありません。

知らない言葉は特に耳で覚えてしまい、何となくのイメージで覚えてしまうことがあります。

私は少し前まで、写真の『焼き増し』のことを『焼き回し』だと勘違いしていました。

最近の大発見は、『書類を送らさせていただきます』です。

おわかりですよね?

日本語は難しい!

by Kanko*

美しい日本語が話せるように!

正しくは・・・

『書類を送らせていただきます』です。
『さ』がいらないのです!

たしかに、パソコンで『おくらさせて』と打つと

『遅らさせて・後らさせて』としか変換されず、

『送る』が出てこなかったのです。

『“さ”が余計だったからなんだ!』と最近気づきました。

『レタス』と『サイレ』これご存知ですか?

日本語の乱れとしてよく取り上げられる言葉で

『れ足す』と『さ入れ』のことなんだそうです。

例えば・・・
書けれる』や『読めれる』の『れ』は必要ありませんし、

また私の間違った『さ』のように

『歌わさせていただきます』や『帰らさせていただきます』の

『さ』も必要ないのだそうです。

他にも『うろ覚え』のことを『うる覚え』と言っていたり、

『力不足』を『役不足』と言っていたり・・・。

私の日本語が間違っていたら教えてくださいね!

英会話を勉強する前に、もう一度初心にかえり、

美しい日本語が話せるように特訓したいと思います!

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク