『テストジャンパー』たちにスポットを当てたドキュメンタリー

1998年長野オリンピックでスキージャンプ男子ラージヒル団体が金メダルを獲得し、
世紀の大逆転を成し遂げました。
それを裏で支えていたテストジャンパーたちのお話です。
そのテストジャンパーの一人である西方仁也選手は、4年前のリレハンメルオリンピックでは、
日本チームのトップバッターをつとめた選手です。
『テストジャンパー』たちにスポットを当てたドキュメンタリー (2).jpg
しかし、長野オリンピックでは不調のため代表から外され、裏方のテストジャンパーとして参加していました。
そして長野オリンピック当日。
日本は一本目のジャンプが終わった時点で4位。
しかし、突然吹き荒れる激しい吹雪のため、競技続行が難しい状況となってしまいました。
このまま試合が終わってしまえば、日本はメダルが取れない。
試合続行か否かの最終判断は、西方選手たちのテストジャンプの結果に委ねられました。


西方選手は誰が見ても厳しいコンディションの中、みごとジャンプを成功させました。
あの感動を呼んだ長野オリンピックの金メダルには、こうしたテストジャンパーたちの支えがあったのです。
『テストジャンパー』たちにスポットを当てたドキュメンタリー.jpg
西方選手はこう言っています。
『選手時代には、人とのつながりやチームとの一体感をここまで感じることができなかった。』
西方選手は選手としてジャンプする時は自分にスポットが当たっていたそうです。
しかし、テストジャンパーとしてジャンプする時は完全に相手にスポットライトを当てていました。
『日本チームのために!』という思いで飛んだジャンプが一番心に残るジャンプになっていたそうです。
相手にスポットライトを当てるのが大切なのは、直接コミュニケーションを取る時だけではないようです。
相手がその場にいない時に、相手の事を考え行動することは家庭や仕事など、あらゆる場面においてとても大切なことですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク