成果が上がる近道とは?

ズバリ!「繰り返し反復
その『反復』をいかにするかが成果の近道という事はご存じの通りです!
『反復』、つまり日々のトレーニング。
ただし、トレーニングというと“地味”に感じる事が多かったりして
「一時的な勉強」「何回か試してみた」という感じで終わることも結構ありませんか?
役者歴が有る方が言っていました。
その「反復」に当たるものが芝居の稽古や、引き出しを増やす為の研究で。
中でも“地味”に感じてしまうのがストレッチや発声などだそうです。
稽古場ならいいんです。変な話、嫌でもやれますから。


問題は普段です。
初めはお風呂場やうるさい場所に行ってやるのですが、日々の繰り返しのうちにやらなくなる事もしばしば・・・。
思うと自分にいい理由をつけて「今日は雨だから」「風呂に入ったけど忘れてた」
などさりげないきっかけで止めたりします。きっかけが日常にゴロゴロ転がっているのです。
そこで「ある時期徹底的に反復」する工夫を考えたら、まず思いついたのが「楽しみながらやる事」です。
発声はテレビで気になる俳優の物まね(←ちなみに当時は低音に魅力のある豊川悦司さんなどでした)をしながら。
ストレッチは部屋で座る時には必ずストレッチの運動1種類付けるなどです。簡単でしょ?
実は、ちょっとした事なんです。問題は『反復』になるかという事。
ちなみに物まねの影響は今もあって、人の仕草を取り入れ表現の引き出しに入れています。人の観察や物まねは「反応レベル」ですね!

スポンサーリンク



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク