知識 よりも 能力 を身に付ける トレーニング

知識 よりも 能力 身につける トレーニング
皆さんは、今!何を身に付けられようと思っていらっしゃいますか?
「知識」よりも現場で成果の出る「能力」を“身に付ける”のが大事だとか・・・
「能力」を身に付けると言えば スポーツ選手 のトレーニング、アナウンサーの発声やアナウンス技術、役者の演技力や台詞、サービス業での接客技術やマナー等、挙げだしたらキリがありません。
トレーニングと言うのは“地味”な事ですが、それを反復し“継続させる”という事が大切なポイントだと!お伝えします。
トレーニング.jpg

知識 よりも 能力 を身に付ける トレーニング

ある引っ越し業者では、変わった トレーニング法 を取り入れています。
それは、わざわざ独自で「住みたくない家」なるものを建てて、その中で現場リーダーが新人を指導し、トレーニングしているのです。
その家は建築法ギリギリで建てられており、狭い玄関や細い廊下、曲がった階段などが敢えて取り付けられ、引っ越し業者にとって家具が簡単に出し入れできない厳しい建物に造られているのです。
その狭い家の中で、重い家具を持ち、何回も繰り返し家具を運び、それを継続して感覚を身に付けるのです。
もし「現場で覚えろ、気をつけろ!」という指導では現場が、つまり引っ越し先の建物が傷だらけになってしまいます・・。
引っ越し.jpg
その引っ越し業者の「家」は、トレーニングに当たるのかもしれません。
あらゆる分野のプロでも月1回や週1度の練習で、成果を出しているという話はあまり聞いた事がありません・・・。
いかに普段“継続させるか”というアンテナを立てる事で本当に“身に付ける”第一歩を踏み出せるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です